トップページへ
ヴァイオリン&ハープデュオ X[iksa](イクサ)
title
プロフィール レパートリー コンサート CD 音源 公演記録 これまでのX[iksa]ライブ 初演情報 X[iksa]カード フォトギャラリー


front
X[iksa](イクサ)

辺見康孝(ヴァイオリン)と松村多嘉代(ハープ)によるデュオユニット。
2006年10月にデュオとしての初共演以来、これまでにオーストラリア、南アフリカ共和国、カナダなどの海外公演を含め400回を超える公演を行っている。
・弦と弦がクロスする様をイメージした「X」
・「X」は未知の可能性
・そしてその可能性に挑「戦」!
オリジナル曲やオリジナルアレンジ、新作の委嘱などヴァイオリンとハープによるアンサンブルの可能性を追求する。
2008年に『X[iksa]』、2010年に『Wa~和』、2012年に『くるみ割り人形』、2016年に『Histoire de X[iksa]』などのCDアルバムをリリースしている。
2016 年から配信の島根県観光PR 映像の音楽を担当。





takayo
松村多嘉代(ハープ)
大阪生まれ。相愛大学音楽学部ピアノ専攻卒業後にハープを始める。妹・松村衣里とのハープデュオ・ファルファーレ(イタリア語で蝶々)でフランス・アルル国際ハープフェスティバル、NHK FM「名曲リサイタル」をはじめ数多くのコンサートに出演。 2017年京都市交響楽団(指揮・下野竜也)とマレッキ作曲「2台のハープのためのコンチェルティーノ」を協演。ヴァイオリ二スト・辺見康孝とのデュオX[iksa]ではオーストラリア、カナダ、南アフリカなど海外公演を含めこれまでに400回を超える公演を行なっている。 オーケストラ奏者としても活動し京都フィルハーモニー室内合奏団イタリアツアー、京都市交響楽団ヨーロッパツアーに参加。 2017年、武生アンサンブルのメンバーとしてヴェネツィア・ビエンナーレ、スロヴェニアでのコンサートに出演。 新作の委嘱初演などを積極的に行うほか自ら編曲も手掛け、ハープのための新たなレパートリーの開拓にも努めている。 ファルファーレとX[iksa]で6枚のCDをリリースするほか多数の録音に参加している。
ブログ『ファルファーレのお部屋にようこそ♪』




yas
辺見康孝(ヴァイオリン、ヴィオラ)
松江市生まれ。現代の作品を得意とし、独自の奏法を開発し従来の奏法では演奏不可能な作品もレパートリーとしている。また自ら作曲も行い、ダンサー、美術家、サウンド・デザイナー、舞台俳優などとのコラボレーションも行う。これまでにヨーロッパ諸国、オーストラリア、アメリカ合衆国、メキシコ、南アフリカ共和国、韓国、香港でも演奏活動を行っており、様々な国際芸術祭に招待されている。2001年より2年間はベルギーのアンサンブルChamp d'Actionのヴァイオリニスト、帰国後はnext mushroom promotionのヴァイオリニストとして精力的に演奏活動を行う他、ハーピスト松村多嘉代とのデュオX[iksa](イクサ)では新たな境地を開拓している。またアメリカ、スタンフォード大学などでの現代奏法についてのレクチャーは好評で、作曲家の創作活動に刺激を与え続けている。2004年にMegadisc(ベルギー)からリリースされたソロCD、X[iksa]のアルバムの他、多数のCD録音に参加している。2005年、next mushroom promotionとしてサントリー音楽財団より佐治敬三賞を受賞。
ブログ『戦う!!ヴァイオリン』




6月17日(
X[iksa]リサイタル
~ドビュッシー没後100年によせて~

flyer

ドビュッシー
 『シランクス』
 『美しき夕暮れ』
 『夢』
 『ベルガマスク組曲』
サティ&ドビュッシー
 『ジムノペディ第1番、第3番』
その他

15:00 start (14:30 open)

【会場】 スタジオX[iksa]
松江市和多見町97 ザ・チャイムビル1F

【入場料】 2,000円(ご予約)、2,500円(当日)

★ご予約の方は下記にお名前、人数、メールアドレスをご記入の上、「送信」をクリックしてください。







戻る